2017年9月17日 (日)

Midnight Foto Triangle 2

9月17日
今晩は台風18号がやってきます。
結局台風5号とよく似たルートで滋賀の近くにやってきそうですね。


台風が来る前に、滋賀の星の写真展『Midnight Foto Triangle 2』を見に行ってきました。
昨年に引き続き2度目の開催、Triangleだけど今回は5人での開催ということでした。

ホタルを交えた写真など、昨年とは異なる視点での写真も多く、しっかりと楽しませていただきました。
さらには主催者の方からの撮影のアドバイスだけでなく、撮影場所の情報などまでいただいてしまいました。


111sp
2012年の双子座流星群(自宅から)

中には、D800と20mmF1.8Gで撮影された作品もあり、レンズがかなり欲しくなってしまい…。


写真展情報を以下に貼り付けておきます。(ウォーターステーション琵琶HPより)
次の週末まで楽しめそうですね。


■Midnight FOTO Triangle2

日 時:2017年8月27日(日)~9月23日(土) 9:00~17:00
    (※毎週火曜8/29 9/5 9/12 9/29休館)
場 所:ウォーターステーション琵琶1F 
    〒520-2279 大津市黒津4-2-2
内 容:滋賀県在住のアマチュアカメラマン5名による星空の写真24点の写真展です。5名は撮影地やコンテストなどで知り合い切磋琢磨し、コンテスト受賞暦多数の写真仲間です。撮影場所は、大津市千丈川付近、草津市平湖付近、琵琶湖周辺をはじめ、ボリビア多民族国ウユニ湖、東京、奈良などです。
写 真:上田拓明氏、上西慶子氏、眞本尚二氏、杉立好正氏、増尾友和氏
詳 細:Facebookページ Midnight FOTO Triangle をご覧ください。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

滋賀の星景写真を見に・・・

9月10日
 
 カメラのキタムラでとても興味深い写真展の広告を発見し、早速行ってきました。
『MIDNIGHT FOTO TRIANGLE』と題された、滋賀の星景写真をテーマにした写真展で、以前コメントを頂いたはかるさんの写真仲間の方々による作品でした。
比較明合成した写真だけでなく、固定撮影、赤道儀を用いたガイド撮影での作品も展示されていました。
 比較明合成の前景の面白さ(工事中の新名神?)だけでなく、信楽で撮られた天の川のすごさに驚かされました。
 作者の方とお話しする機会を得ましたので、根掘り葉掘りお伺いし、現像のコツなども教えてもらってきました。
 早速実践すべし!ということで、2012年に白馬連峰天狗山荘で撮影した写真をもとに、現像のやり直しを実行!!
コチラが、こんなもんだとあきらめていたもの↓
Ds8_0280sps
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
 そして、コチラが教えていただいた方法で現像したもの↓
Ds8_0280spfs
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR(silkypixPro7で現像)
 
 なんということでしょう!!
こんなにも雰囲気が変わってしまうとは・・・。
手前の残雪は暗く沈んでしまいましたが、天の川の輝きは全く別物になってしまいました。
作品の拝見もとても面白かったのですが、このレタッチ手法をお教えいただけたのがとってもありがたかったです。
ちょっとやる気がでてきました。
(明るいレンズがほしいな…)
 この『MIDNIGHT FOTO TRIANGLE』 写真展はもう少し楽しめるようです。
星の写真が好きな方にはおすすめです!
 
9月4日(日) ~ 9月23日(金)
南郷洗堰ウォーターステーション琵琶 1階
 

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

18年前のフィルムから・・・

古い写真を整理していたときに、18年前のネガを発見していました。

ようやくデジタル化してみました。

Fh000002sp
1996年3月 百武彗星
Nikon FA  Ai-s Nikkor85mmF2
フジカラーSuperG800

よく似た時期にヘールボップ彗星も来ていましたが、最も印象に残っているのがこの百武彗星でした。尾の長さがあまりにカッコよすぎでした。

大学のカメラ仲間と、徹夜で田んぼ脇で写真を撮ったのを思い出します。

今のデジ一眼ならもっと楽に撮れただろうなあ、と思いつつ、あの頃の露出条件への勘はデジカメだと身に付かないという点で、良い経験だったと思います。

この写真をブログにアップしようとしたまさに今日、一緒に撮影に行った大学の連れから久しぶりにメール。

このタイミングにびっくりしました。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

ベランダから ふたご座流星群

12月13日

今年のふたご座流星群は好天に恵まれました。

111sp
D800 SIGMA24-70mm F2.8 IF EX DG HSM
ISO2000 F4.0 20秒 約360枚をLightenCompositeで比較明合成

途中で一時雲が流れたため、途中までを比較明合成して、流星の有無を確認。
(おかげで正確な合成枚数を忘れちゃいました(汗))

すると、明るい流星が写り込んでいることが確認できました。
これだけちゃんと写ってくれるのは、私にとっては珍しい。

2sp
D800 SIGMA24-70mm F2.8 IF EX DG HSM
ISO2000 F4.0 20秒 LightenCompositeで比較明合成


3sp
D800 SIGMA24-70mm F2.8 IF EX DG HSM
ISO2000 F4.0 20秒 LightenCompositeで比較明合成

そのほかに写っていたところもありましたが、やはり写真にするとほんのかすかな軌跡しか残っていませんでした。

ふたご座流星群は、年々数を増しているとか。
寒いのが難点ですが、今後も要注目です。

今回もカメラへ霜が降りるのを防ぐために、レンズ鏡筒にエネループの懐炉をタオルで巻き付け、カメラ全体もタオルで巻いて、外側はビニール袋で巻いて保温しました。

約600枚撮影しましたが、電池はギリギリ残ってました。D700よりもずいぶん電池の持ちがよくなりましたね。

一番明るい流星が写り込んだ一枚。

Spds8_3667
D800 SIGMA24-70mm F2.8 IF EX DG HSM
ISO2000 F4.0 20秒

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月24日 (金)

久々の北アルプス~白馬岳へ

Ds8_0275
夜明前の白馬大池 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

D800を買ったら一番撮ってみたかったもの、思っていたよりすぐに実現できました!

白馬三山縦走。

8年ぶりに同じコースを歩きました。

今年はお盆頃から寒気が入って不安定な天気になっており、カメラはザックに入れっぱなしになるのではないかと覚悟していましたが、意外に使うことができました。

 

Ds8_0180sp
雨降る白馬大池 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

白馬ではいつもお世話になっている落倉高原のウッディハートに前泊し、ゆったりと出発しました。朝のうちは晴れていたものの、白馬大池到着と同時に雨が降り始めました。

が、就寝前から星が見え始め、夜明前に起床すると、一枚目のような星空を望むことができました。

メモ

8月16日
20:50 滋賀出発
1:40  ウッディハート(泊)

8月17日
10:00 栂池自然園
13:30 白馬大池山荘(泊)

8月18日
6:50  白馬大池山荘発
10:20 白馬岳山頂
11:30 白馬山荘発
12:00 雷遭遇
14:30 白馬鑓ヶ岳発
15:10 天狗山荘(泊)

8月19日
4:40 天狗山荘発
5:20 白馬鑓ヶ岳
6:25 鑓温泉分岐
12:05 猿倉 着

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

琵琶湖から金環食

5月21日

やはりこの日を外すわけにはいかないでしょう。
しっかりと有給休暇を確保しておりました。

 

しかしながら前日までの天気予報は、だんだんとやる気を削いでしまうようにどんどん悪くなり、しかも木曜、金曜と飲み、土曜は泊まりがけで飲み、日曜はほぼ初体験のゴルフ・・・心身ともに疲れ切って当日を迎えてしまいました。

当初は志摩半島の大王崎まで遠征の予定にしていましたが、天気予報から太平洋岸不利、内陸有利と判断し、滋賀県内で撮影すること決定しました・・・まあ、疲れた頭がそう判断させたのかもしれませんが・・・。

 

私の装備的に望遠は不利なので、前景を入れて撮影、滋賀県内となると思いつくのは烏丸半島の風車くらい・・・

しかしながら、滋賀県内での撮影はあまり想定していなかったので、全くの準備不足。
烏丸半島への車の乗り入れは7時半から・・・。

時間もあまりないこと、4歳の息子も連れていたこともあって、琵琶湖岸の駐車場に腰を据えました。

Kinkan3_2
D700 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR ND100000使用
7:21~7:45まで2分間隔で13枚インターバル撮影
その後太陽が構図外に出てから前景撮影し、
合計14枚をkikuchimagickで比較明合成

何の変哲もない並木を前景として選択し、1分ごとのインターバル撮影を行いました。

そして久々の比較明合成です。

ちなみに、1分ごとの写真をすべて合成するとかなり鬱陶しいです・・・。

Kinkan1trim
D700 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR ND100000使用
7:20~7:46まで1分間隔で27枚インターバル撮影
その後太陽が構図外に出てから前景撮影し、
合計18枚をkikuchimagickで比較明合成
(トリミング)

インターバル撮影中は、カメラを動かすことができません・・・。

けど、木漏れ日がリング状になっているところとかいろいろ撮ってみたかったし、できれば望遠でもチャレンジしたかったところです。
D700とD800の2台体制にできていればなあ・・・(ボソッ)。

Dsd_3718sp

インターバル撮影終了後

前景がつまらなくなってしまったのは残念ですが、たまたま早起きしてくれた息子と一緒に楽しむことができたのはいい思い出になりました。次の北海道での金環食の際に、今日のことを思い出してくれたら嬉しいです。

Dsd_3727_3


にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

黄昏時に

4月24日

今年の桜の締めくくりに・・・。

Dsd_3160sp
D700 SIGMA24-70mm F2.8 IF EX DG HSM
SilkyPixPro5で現像

ここ何年かは早朝に通っていましたが、今回は黄昏時に。

月と金星が良い場所にいてくれました。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

守山のホタルが・・・

Dsd_3073

守山市の観光パンフレット。

表紙写真に、私が比較明合成で撮影した守山ホタルの写真を使用していただきました。

元の写真はコチラ⇒2009年の守山ホタル

(若干トリミングして使用されたようですね)

パンフレットを製作されているイベントやディスプレイの企画会社の方が、ブログ写真を見て連絡を頂いた次第です。

こういう展開は想定外でびっくりですが、7年ほどお世話になった守山市ですので、少しでもお役に立てれば嬉しいですね。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

横浜出張を撮る

昨年行くはずだった横浜出張。

震災直後ということで、予定はすべてキャンセル。

今年は行く予定ではなかったのですが、いろいろありまして急遽行ってきました。

Dsd_2693
接近中の2惑星&衛星と D700 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
(カメラ内でDライティング強め設定)

ここ数年、出張にカメラを持参するおバカさんですが・・・・

2009年千葉編⇒その① その② その③

2007年富山編⇒その① その②

千葉では暗くなってから小湊鉄道まで足を延ばし、富山では宿泊地の氷見を撮りました。

そして、横浜。

横浜で特に夜景となればもうここしかないでしょう(というか、あまり詳しくない(汗))。

富山の際には、富山市内に所用がありながら、氷見くらいまで離れないと宿泊施設が見つからない(どこも満室)という事情がありました。

しかし今回は都会地。
所用の場所に近く、かつ撮りたいもののそばの宿泊施設を選ぶことが可能です。

上の写真は、チェックイン&入室してまず目の前に広がった夕暮れの光景!

ホテルの窓から、狙い通りの眺望を得ることができました。

Dsd_2698
10階の窓から

宿泊施設はこちら ・・・ ナビオス横浜

(日本船員厚生協会運営ということで、意外に高くありません、これが)

こりゃたまらん!ということで、撮影後はカーテンを全開にしたまま、景色を肴にビールを開けちゃいました。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

ASPJ 星景写真展 「星の風景」 2012-2013

日本星景写真協会には、会友として登録していただいているのですが(ファンクラブ的に入っておりまして大変申し訳ないのですが・・・・(汗))、会員の皆さんの撮られる星景写真といったら、もう『すごい!』の一言しかありません。

以前、名古屋で開催された写真展で拝見したのですが、絶対にプリントで見るべきだと思ってます。
以前見に行ったのはこの時⇒コチラ

その巡回写真展が、また新たに開催されることとなりました!

Nakat02n_2 
中川達夫さん『月照の青富士』
中川さんの仙人池越しの冠雪した剱岳の星景写真に一目惚れして会友として登録していただいたわけでして…

詳しくはこちらをご覧ください↓

『 ASPJ 星景写真展 「星の風景」 2012-2013 』

今後の詳細は、まだまだ追加されていくことになると思いますが、お近くで写真展が開催される際には、是非足をお運びいただくことをお勧めします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)