2018年12月 5日 (水)

もみじ降りしきる詩仙堂 その2

詩仙堂。

秋もきれいだけれど、ぜひともサツキの時期に来ようと決めました。

D83_9371sps_1
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


この地域は、滋賀から山中越えで京都の中心部を避けて訪れることができますし、コインパーキングの場所もいくつか記憶しました。

けれど、車で行くのは休日は無理だろうなあ…。

D83_9395sps
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

この後、さらに金福寺も偵察し、帰路につきました。

金福寺の写真が出てこないのは、メモリ一杯撮り切ってしまったのと、圓光寺、詩仙堂でおなか一杯になってしまったためです…。


帰路の山中越えも、とてもきれいな紅葉でした。
さて、今週は雨続き。

この雨でモミジの彩も終演を迎えそうですね。


にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

もみじ降りしきる詩仙堂

圓光寺で出会ったオーストリアの方に

『サツキの季節は最高です』と勧められた詩仙堂。

ではその下見に、と足を延ばしました。


D83_9361sps
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


詩仙堂も、詩仙の間から撮る室内からの庭の風景が良いのでしょうが、これはやはり雨のサツキの日が良さそうです。


庭に下り立って散策してみると、朝の雨上がりの湿った雰囲気はもう残っておらず、風が吹き始めていました。

すると、モミジの吹雪。

写真にできないのが悔しいけれど、とてもきれい。


D83_9379sps
掃き清められた庭に散り紅葉 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


庭で初めて詩仙堂の外観を眺めますが、一目でよほどの数寄者が建てたんだなと実感させられます。



D83_9388sps
ノーマルに見える部分の茅葺、瓦葺 D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

雨上がりの圓光寺にて その3

想像以上に素敵な圓光寺と、オーストリアの方との楽しいひと時もあり、結局2時間も過ごしてしまいました。

気づけば、周囲は紅葉狩りの観光客だらけ。

D83_9293s
モミジの絨毯と庭を愛でる方々 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


それでも、秋の京都にしては混雑度はまだ緩やかな感じでした。
あくまで、『秋の京都にしては』ですが。

もちろん定番の額縁写真は、もう撮ることなんてありえない状態です。


D83_9341sps
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


けど、決して『人が多くてヤダ』という雰囲気は全くなく、庭を目にした人はもれなく感嘆のため息、縁側に座る人はうっとりとした表情で、なんか一緒に楽しんだ気分になれました。
(朝一番の15分くらいの方が『絶対額縁を撮る!』という緊張感に包まれて疲れました)



その後、オーストリアの方にお勧めされて、徒歩圏内のお寺を覗いてみることにしました。


にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

雨上がりの圓光寺にて その2

しっとりと濡れた庭に差し込む朝日。

D83_9171sps
光芒も D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


来訪者の多くが定番の額縁写真に夢中になっているとき、朝日の光芒に夢中になってしまいました。


すると、同じ場所でシャッターを切る、D750を駆使する外国の方が…。

オーストリアから研究で来られ、もう何年も京都に住んでいるとか…。

いろいろお話を伺うと、私なんかよりはるかに京都の撮影情報に詳しい。
自転車で京都の隅々まで撮影に回っているようです。
(うらやましい!!)


D83_9243sps
竹林もあり D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


圓光寺は、ネットでは額縁風景だけが突出して有名なようですが、mutoさんがおすすめしていた通り写真好きには盛沢山のお寺ですね。
額縁はもちろん、庭の苔、モミジ、そして竹林までセットで楽しむことができます。


D83_9318sps
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

雨上がりの圓光寺にて

11月29日


”Patrappi”のmutoさんの京都写真に刺激され、その時を待つこと5か月。
ようやく訪れることができました。


D83_9191sp2s
十牛之庭 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR



夜に振った雨の雫が葉や枝に残り、朝日にキラキラと輝くタイミングで素敵な額縁の庭に出会うことができました。
平日の朝、開門20分前の圓光寺に到着すると、私は順番待ちの17番目。


開門するころには50人くらいの方々が並んでいました。

そして皆さん、開門と同時にダッシュ(早歩きですが…)。

この風景を撮ることのできるポジションは大混雑になっていました。

私は、一息ついてから撮ったので、実はもう庭を散策している人の姿が写り込んでいます。


D83_9309sps
散りモミジも庭を彩り D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


雨に濡れて生き生きとした苔、艶やかな幹、葉・・・2時間余りじっくりと楽しませていただきました。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

金勝寺あかりの演出2018 

11月13日


今年も、いつのまにやら我が家のモミジが色づき始めています。
ということは、金勝の寺の幻想的な夜を楽しめる季節。

2018年は11月10日~18日がライトアップ期間ということですが、なんだかんだと仕事が立て込んでおり、この日の一発勝負しかできないということが判明しました。


D83_9088sps
参道 D800 AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED


残念ながら仕事を早く切り上げることもできず、到着時には完全な暗闇。


けれども、いつものごとく静寂の境内を存分に楽しむことができました。


D83_9077sps
秋の彩 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

霧もなく、風もあって葉は揺れ、なかなか難しいコンディションでしたが、じっくりと楽しませていただきました。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

高島トレイル 大御影山の紅葉目指して その2

大御影山のブナ林。

若干灌木が(特にシャクナゲ)うるさい道ですが、アップダウンもかなり少なく、歩いていて気分の良いルートです。



D83_9021sps_2
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


色づいた葉は、風の影響を受けなかった灌木や、ちょっと谷になった部分で楽しむことができました。


D83_9011sps
低灌木に陽が射しこむ D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR






D83_9039sps
風の当たらないところは葉もきれい D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


歩行距離が長いので、運動不足の身にはじわじわとこたえました。
D83_9068sps
日が傾いたころ、植林帯を帰る D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


なかなか良い山でした。

この周辺にはほかにも興味深い山がいくつかありますから、森のきれいな時期に要チャレンジです。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

高島トレイル 大御影山の紅葉目指して

11月3日

とあるサイトに『関西随一の紅葉』と謳われていた山がありました。

それが大御影山。

ビラデスト今津から往復してきました。

D83_8931sps
イモリの棲む池にて D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


序盤に現れた池には色づいた落ち葉が浮かんで、期待が高まります。


D83_8961sps
途中で横切る林道は良い色づき D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

しかしながら、強い風をもらたしたあの台風21号の影響でしょうか。

傷む葉、飛んで行ってなくなった葉、おまけに根こそぎ倒された立派なブナの木まで。
残念なことに、期待していたほどの紅葉には出会えませんでした。


D83_9033sps
数本まとめて地面ごとなぎ倒されて D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


紅葉はともかく、大御影山周辺のブナ林はとてもいい雰囲気ですね。


D83_8998sps
稜線を往く D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

第二次金勝山 キノコの世界

10月8日

9月17日の第一次キノコの世界に続き、再び金勝山のキノコ観察に出かけました。

このところ、子供たちのキノコ熱は冷めるどころか過熱を続けています。



3週間余りの間に、金勝のキノコの様子は大きく変わっていました。


D83_8280s
小さな鮮やかな D800 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED


前回、たくさん見かけたイグチの仲間やシロオニタケのようなテングタケの仲間のような、大きなキノコは姿を消し、小さいけれど鮮やかで、可愛らしいキノコがたくさん出現していました。

D83_8307sjpg
ムラサキホウキタケですね D800 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED


色鮮やかなキノコは、写欲をそそられます。
このムラサキホウキタケ、気に入ってしまいました。


D83_8343s
苔の中にも小さなキノコ D800 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
木の実と合わせてみました。


これはもう、第三次キノコの世界に突入するしかありません。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

第24回 夢けんせつフォトコンテスト

8月のことになります。
次のような連絡をいただきました。

拝啓 残暑の候、貴殿にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、この度第24回『夢けんせつフォトコンテスト』にご応募いただきましてありがとうございました。このほど、当委員会において審査をいたしました結果、応募総数307点の中から貴殿の作品が『優秀賞』に選ばれましたのでご通知いたします。

・・・・・


ということで、2011年、2014年につづいて、3度目の入賞を頂くことができました。


題材は、金勝寺の夕暮れ。
今年は栗東と共に金勝寺で賞をいただくこととなりました。
栗東では夕暮れの霧をテーマにした構図でしたが、今回は灯かりが完成する前の作業をテーマにした構図です。

よく似た時間帯ですが、実は別の日に撮ったもので、霧を狙ったものの濃さがいまいちの日に視点を変えてみたものでした。



D83_6178sps
もう少し暗くなると雰囲気はまた一変


この演出は私のお気に入りなのですが、今年の観光物産協会のイベントには案内が出ていません…。
今年はないのかな…。


にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧