2019年5月 1日 (水)

福島の桜巡り ~雪村桜2~

福島県郡山市 雪村桜。

スーツで写真を撮っていたら、新聞社の人と勘違いされてしまいましたが、そんな紛らわしい格好のおかげで二本松市からずっと桜巡りをしている熟年のご夫婦とお話させていただくことができました。

詳しくは省きますが、ご夫婦の桜の好みが私の好みとマッチし、『ついさっき見てきて、すごく良かったよ』という桜情報を頂くことができました。

 

  D84_0551sps
雪村庵 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

その他には三春町役場周辺も素晴らしいという情報も。通り抜けてみると素晴らしかった…。

 

D84_0557sps
雪村庵に枝垂れる D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

素敵な桜に名残を惜しみつつ、せっかく頂いた情報を活かすことにしました。

 

D84_0568sps

 

にほんブログ村 写真ブログへ

 

 

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

福島の桜巡り ~本命の雪村桜~

福島の桜の時期、滝桜は気になるものの、他にもっと気になる桜がありました。

雪村桜。

 

室町時代の画僧『雪村』が晩年、活動の拠点としていた雪村庵に立つ一本桜で、福島一本桜の番付では『東の関脇』。

この桜に魅かれたのは、正確には桜自身というより、その周囲の雰囲気。

ひっそり佇む庵、取り囲む竹林。

 

D84_0521sps
雪村桜 D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

果たして、雪村桜は思い描いた通りの雰囲気で(花見客の少なさも想像以上)その姿を見せてくれました。

ただ、この雰囲気をMAXにするには、曇りか、小雨が良かったかも、と贅沢な思いも頭をよぎりましたが・・・。

 

D84_0538sps
雪村桜 D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

 

晴れ過ぎてコントラストが強すぎになってしまいましたが、なんともまあ背景の素晴らしいこと。

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

 

| | コメント (2)

2019年4月29日 (月)

福島の桜を巡る ~三春の滝桜2~

もう桜の季節が過ぎてしまいましたが・・・福島の桜のすごさ、思い返しても感動的でした。

まず、やはり最初にご挨拶に伺うべき(と勝手に私が思った)三春の滝桜。

念願がかないました。

 

D84_0409sps
滝桜の滝のような枝ぶり D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

なんだかんだで一度も訪問できていない根尾の薄墨桜にもきちんと訪問しなければと改めて思わせられる、巨木の迫力。

ただ、周囲は人だらけ、民家も近く、写真を楽しむ余裕は与えてくれませんでした。

 

D84_0440sps
 D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

 

早朝の光に輝く滝桜、いつまでも立ち去りがたい魅力でした。

 

そして、次に会いに行った桜が、実は今回の本命でした。

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

 

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

念願かなった 三春の滝桜

4月16日

思っていたよりも早く、4月、しかも桜の時期に福島を訪れる機会がやってきました。

そうなれば、何が何でも行かざるを得ません。

 

D84_0414s
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

日本三大桜、福島県一本桜東の正横綱、三春の滝桜。

この幹の大きさ、枝張りの大きさに圧倒されました。


D84_0394sps
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

 

かなりの早朝に訪問したのですが、もうすでにたくさんの花見客が・・・。

大駐車場から桜の木まで売店が立ち並び、木の周囲も散策路が整備されているなど、観光地として整備されており、写真を撮りたい派からみると若干残念なところもありました。

 

D84_0380s
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

 

滝桜、その存在感は大迫力でした。

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

 

 

| | コメント (0)

2019年2月23日 (土)

フロリダの月の入り

基本的に、私にとって海外滞在中の最大の敵は時差ボケです。
ということで、だいたいいつも夜明け前から目がパッチり開いてしまい、昼間は眠気に襲われることになります。

が、そのおかげでホテルの窓からきれいな景色に出会えることもたまにあります。


Dscf7185sps
日の出とともに沈む満月過ぎの月 Fuji X30 (トリミング)


帰路につく日は朝4時のタクシー。

ただ、そのころになると時差ボケが解消されてしまうんですよね。



Dscf7232s_2
オーランド空港でボーっと待つ Fuji X30 (トリミング)



そして、今回もラウンジで名残を惜しむビールを。


Img_0919sp
日本では売ってないそうな iPhone7


今年は、次の出張の機会もありそうな気配・・・。

たまには一眼レフも持って行ってみたいなあと思うのですが、ハードル高いです。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

Orlando at twilight

1月半ば


随分と間を開けてしまいました。


Dscf7103sps_2
前回と同系列ホテル だけど植栽が全然違う Fuji X30


昨春に続いて再び米国の地を踏むことになりました。

今度はフロリダ、オーランド。
残念ながら観光ではありません・・・・・・。



Dscf7123spsjpg
ホテルからHighwayと湖越しの日の入り Fuji X30


前回のような弾丸ツアーではなかったので、しっかりと時差ボケに苦しむことになりました。

時差ボケの苦しみから解放してくれるのは、やはりこれしかありません。


Img_0900sp
iPhone7

毎晩、すべて別銘柄のビールを頂けたのは幸せでした。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

空港のビールは・・・Budweiser

そもそも時差ボケには弱い方なのですが、これだけ滞在時間が短いと現地時間に馴染むとか以前の問題です。

予定通り(?)夜が明けるずいぶん前には完全にお目覚め。


Dscf6672sps
ホテルの窓から Fuji X30


そして、帰路に就く前には、空港ラウンジ(部長パワーですな)でバドワイザー。


Dscf6683sps
ビールはこれが最後(他はまだ飲んだ) Fuji X30



アメリカのビールって、バドワイザーのイメージしかなかったのですが、今回いろんなローカルビールを飲んで『アメリカのビールも美味い』ということが確認できました。

バドワイザーも大昔に飲んだ際の記憶とは全然違いました(普通にイケますね)。


Dscf6642sps
シカゴ オヘア空港で見た日の丸 Fuji X30
 
今回の弾丸ツアーで私が見たアメリカは、空港(三か所)、ホテル、訪問先企業、高速道路からの風景・・・・・・で、以上でした。


あまりに寂しい内容ですが、その中で特に印象に残ったのは、ハナミズキの花でしょうか。



Dscf6638sps
訪問先企業の駐車場にて Fuji X30


約100年前に東京市が贈り、現在もワシントンD.C.のポトマック川のほとりに咲く日本の桜。

その返礼として贈られたのがハナミズキの木だとか。

残念ながら、贈られたハナミズキの原木はほとんど残っていないようですが、アメリカ人にとってハナミズキは何か特別なんだろうなあ、と感じた次第です。
実際に会議の昼食時に、そういう質問をしたはずだったんだけれど・・・やはり私の英語力ではまだまだ全然考えを伝えられません(涙)

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

アメリカのビール

現地到着時に準備していただいたDinnerMeetingではRedOakを飲み、翌日のミーティング終了後には速攻で帰路につき、シカゴの空港で一泊。

ここではシカゴのビールを頂きました。
Dscf6653sps
これは一杯目 Fiji X30


弾丸ツアーですが、無事に会議が終わったということで、部長と打ち上げ。


2杯目もビールと行きたいところですが、こんな風に壁に飾ってあるのですから仕方ありません。




Dscf6655sps
壁の素敵な飾り Fiji X30


テーブルについてくれた方は、モロッコから働きに来られているとのことでした。


Dscf6649sps
手際よく赤ワインを Fiji X30


あっという間に、私の初めてのアメリカが終わってゆきました。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

Night at Greensboro

初めてのアメリカ。


Dscf6619sps
NorthCarolinaのビール Fuji X30

初めての夜は、地ビールで。




Dscf6628sps
良い雰囲気のホテルなのに・・・ Fuji X30


けど、日本に残した仕事に追われ・・・ほとんど寝れず。



にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月25日 (金)

東京出張

今年2度目の東京。
御茶ノ水・・・そこは、私にとってさだまさしの世界。
 
Dscf6069sp
聖橋からレモンは放らない Fuji X30

聖橋から見える電車はとうの昔からステンレス。
残念ながら少々朝が早くて湯島聖堂は開いておらず・・・
仕方がないので、道路から白い石の階段を眺める。
Dscf6073sp
駅のホームから聖橋と湯島聖堂 Fuji X30

スクランブル交差点は、思い描いていたよりもあまりにも小さい。




そして・・・忍ぶ忍ばず無縁坂。
Dscf6081sp
母がまだ若いころ僕の手を引いて~ Fuji X30


何の変哲もない小さな路地ながら、旧岩崎邸の塀と石垣が雰囲気を醸し出す。
Dscf6082sp
~この坂を登るときいつもため息をついた~ Fuji X30

無縁坂は工事中でした。
Dscf6089sp
歩行者は通れた Fuji X30



まさし教信者としては、これらの聖地はいつか訪問しなければと思う場所でした。

聖橋では思わず檸檬を口ずさんでしまいましたが、さすがにレモンは用意しませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)