2018年5月16日 (水)

第25回 RITTOフォトコンテスト

3月の末のことになります。

栗東市観光物産協会から一通の封書が届きました。


この度は、当協会主催の『第25回RITTOフォトコンテスト』にご応募いただき、誠にありがとうございます。多くの方々から非常に素晴らしい作品を多数ご応募いただいた中から、先般、当協会の役員理事および栗東市野村市長による厳正な審査を行い、その結果、ご応募いただきました作品『秋霧の霊山』が、市長賞に選ばれました。・・・




第17回、20回、24回に続き、4回目の入賞を果たすことができました。

しかも4回中3回が金勝寺の写真。

今回は、霧の金勝寺でした。


D83_6113sps
霧の中、灯路の準備を D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


金勝山、金勝寺は歴史的にも被写体的にも大好きなポイントです。
そして、コンテストでは4回すべてでお世話になりっぱなしです。


これを励みに、さらに面白い写真を目指します!

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

暮の京都にて

12月28日

毎年、仕事納めの後の年忘れ。

今年はしっかりと京都を歩きました。


四条の駅から八坂神社方面、そして八坂の塔へと。


D83_6297sps
八坂の塔と冬寒の月と D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


年末の日暮れ後でもやはり京都・・・主要なスポットは国際色豊かな観光客がたくさん。

できる限り静かな露地を探してどんどん進みます。


D83_6305sps
すれ違う人も国際的 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


どんどん歩きすぎて清水まで行ってしまいそうになったので、雰囲気の良い小路を繋ぎながら鴨川沿いに戻ります。

ふと、背後からカポ、カポという足音。
舞妓さんの後ろ姿、一瞬寒い小路が華やぎました。


D83_6322sps
舞妓さん D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


延々と歩き続けて冷え切った体で、四条大橋からほど近い年忘れのお店に着きました。


D83_6325sps

これで2017年の撮り納め。
相変わらず同じような写真ばかり撮っていますが、来年こそはもう一歩くらい進歩したいものです。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

金勝寺あかりの演出2017 その4

11月18日


土曜日も、金勝アルプスは良い感じに雲の中でした。

16時過ぎ。
約100基の露地行灯のろうそくに一つ一つ火が灯されていきます。


D83_6190sps
迎えの作業 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


この日も良い感じの霧でしたが、残念なことにこの後雨が降ってきてしまいました。


D83_6197sps
霧の参道 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR



雨とともに霧もなくなり・・・。



D83_6222sps
ライトアップ D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


あかりの演出は11月23日まで。
最終日も霧がかかりそうな天気予報。
最終日も幻想的な境内が見られるかもしれませんね。



 

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

金勝寺あかりの演出2017 その2

到着したときはまさに夕暮れ時。
闇に沈む直前の薄明かりと霧に覆われた境内の森。


D83_6122sps
D800 AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED


そして、紅葉にはライトアップも。


D83_6179sps
D800 AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED (実は霧が晴れた後の撮影)



今年は、新兵器の20㎜F1.8Gを使ってみたくてたまりませんでしたので、参道わきの巨木と合わせていろいろ撮ってみました。


にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

金勝寺『秋の特別拝観』あかりの演出2017

11月14日

毎年訪れている金勝寺あかりの演出。

最近は、イベント日ではなく、イベント後2週間ほど開催している露地行灯とライトアップのみの演出に魅かれています。


D83_6178sps
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


このイベント後の時期が良いところは、参拝客がほとんどいないこと。
(それはそれでこの演出の継続性という観点から問題なのですが……)

そしてさらに、今回の私の狙いは夕暮れ時&霧。

まさに『幽玄』の雰囲気が漂います。

そしてこの日は、雨が夕方までに止み、金勝アルプスは雲に覆われたままの状態という、私にとって絶好のチャンスがやってきました。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

金勝山の仏たち

10月9日

本日は第2回目の金勝山周回トレーニング。

基本的にカメラはオモリとして持っているだけですが、それではつまらないのでテーマを持って歩きました。


D82_9925sps
茶沸観音 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
かつてはここに茶屋があったとのことですが、ここは稜線上。
近くの沢から水を確保していたのでしょうか。


D82_9927sps
重ね岩の仏 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
金勝アルプスは花崗岩(部分的に異なる場所もありますが…)で成り立っており、花崗岩の節理で鏡餅のような岩を散見します。
その下段に彫られた仏。

D82_9940sps
狛坂摩崖仏 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
奈良時代の作と言われる摩崖仏。栗東市の観光物産協会ではシンボル的に扱われてますね。


D82_9953sp2s
狛坂寺跡の仏たち D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

明治の廃仏毀釈で廃寺となった狛坂寺のあとにひっそりと佇む仏たち。皆さんそれぞれ表情豊かです。


今回の周回でイヤなものを見つけてしまいました。
スズメバチの巣。
10月9日現在、北峰縦走線の天狗岩と耳岩の間、重ね岩のようにオーバーハングした岩にぶら下がるようにハンドボール大の巣が作られています。
登山道から10mくらいしか離れていないので、通りかかる方は十分に気を付けてください!!


にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

GWの太神山で桜!

太神山不動寺。


境内では思いがけず、桜を楽しむことができました。


D82_7895sps
『里桜 御車返し』 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


ソメイヨシノやエドヒガンに比べるとかなり大きな花弁の桜で、この日の強い風に桜吹雪を見せてくれていました。



D82_7908sps
おみくじと D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


山は(正確にはお寺ですけど)季節を変えて登ってみないと判らないことが多いですね。
近場ですし、また訪れたいところです。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

3年ぶりの太神山

4月30日


今年の大型連休も終了しました。

基本的には、GWは混むから遠出しないのですが、子供とどこかにお出かけはしておきたいところです。


ということで、3年ぶりの太神山。
長男にとっては3年ぶり、次男にとっては初めての太神山。
前回は→コチラ

どの山に行ってみたいか、長男のリクエストでした。



D82_7881sps
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

次男は、小学校の遠足に備えて新調した15Lザックを背負って。
まだ体よりかなり大きい。

長男は3年使用した20Lザック。
当時はかなり大きかったのに・・・。

太神山は針葉樹も多いとはいえ、深緑も十分楽しめました。

D82_7878sps
舞台造りに新緑 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


この迫力ある柱を何とかカッコ良く撮りたいのですが、ここはさすがに工夫のしようがないです。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

知るも知らぬも 逢坂の関

1月29日



ゲーム感覚でちょっとだけ教えた百人一首。



兄弟そろって盛り上がり、兄は百人一首教室へ。
私はもう子供に勝てず・・・。
そしてこの日、兄は近江神宮での子供百人一首大会に出場したわけですが、見事予選落ち。


D82_7230sps
関蝉丸神社は京阪の踏切を越えて D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR



せっかく百人一首で盛り上がっているので、逢坂の関を目指しました。

しかしながら、逢坂の関記念公園周辺には駐車場はありません。
仕方がないので、大津駅周辺で一番山に近い駐車場に車を停め、一号線を歩いて登ることにしました。

D82_7258sps
蝉丸神社の石段を一気に登る D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

関蝉丸神社、関蝉丸神社上社、村社蝉丸神社・・・三つもあるんですね。

順に参拝するとまあまあいい感じの散歩になりました。



百人一首には逢坂の関(山)を詠んだ歌は三首。

  知るも知らぬも逢坂の関

  よに逢坂の関はゆるさじ

  逢坂山のさねかずら

1200年以上前からの交通の要衝で、当たり前のように歌の題材にされていた地。
関のあった場所は定かではないようですが、それでもここを多くの歴史上の有名人が通ったと思うとたまりません。




D82_7266sps
旧逢坂山隧道 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


鉄道遺産、旧逢坂山隧道。
明治13年、生野銀山の鉱夫が手堀りで完成させた日本初の山岳隧道だそうで。
明治の浪漫、これもたまりません。




にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

新年の恒例

1月7日



新年を迎え、もう10日も経とうかとしていますが、本ブログはいつもののんびり発信でやらせていただいております。


新年にいつも訪れる、奥山半僧坊。

D82_7000sps
半僧坊真殿の瓦 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR



奥山半僧坊は臨済宗方広寺の境内に鎮守としておまつりされています。
方広寺の開祖である無文元選禅師が、修行先の唐から戻る船が嵐によって今にも沈みそうなところを半僧坊が助けたとの言い伝えから、漁師であった私の家系では海上安全の祈願でずいぶん昔からお世話になっているようです。


今年の大河ドラマは井伊直虎。
方広寺のある奥山は井伊家のルーツである井伊谷から目と鼻の先で、ロケ地にもなっているようですね。



D82_7011sps
半僧杉 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


案内板に推定樹齢600年との記載のある半僧杉。
最近のニュースでは『井伊直虎は男だった』との説も出てきていますが、どちらにせよ直虎はきっとこの杉のそばを歩いたんだろうなあと思うと、大河ドラマが楽しみになってきます。




にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)