2016年11月29日 (火)

雨の湖南三山 善水寺

写真部のよる団体行動はここまで。
でも、せっかくなので一人善水寺を目指します。

十二坊の山にある善水寺は雲の中でした。


D82_6677sps
葉が散った枝に水滴輝く D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


善水寺は他の二つの寺から少し離れているためか、参拝客はほとんどおらず・・・。
おかげで、ゆっくりと堂内を拝観させていただけました。
こちらの帝釈天、梵天、そして不動明王像はとてもいい。
お気に入りになってしまいました。



D82_6657sps
残り紅葉 D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


長寿寺もそうでしたが、寺の入り口では地元の方々がテントを張り観光気分を盛り上げておられました。
残念ながらほとんど客のいない、本降りの休日でしたが・・・。
初めての湖南三山めぐりでした。

雨の中での個人的な感想は、紅葉を主体に撮るなら長寿寺、優美な本堂を主体にするなら常楽寺、そして山に包まれている雰囲気を感じるなら善水寺ですね。
今度は雨じゃないときに再訪したいところです。



にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

雨の湖南三山 常楽寺

続いて訪れたのは、常楽寺。

長寿寺に続き、常楽寺も良弁僧正による開基とのこと。


石山寺だけでなく、この金勝周辺で色濃く足跡を残しています。
一体何者だったんだろうか・・・と浪漫掻き立てられます。


D82_6621sps
国宝の本堂軒越しの紅葉 D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


国宝の本堂、重要文化財の仏像がズラリと並ぶこの寺が、かつては無住の寺だったことが信じられません。
ご住職の努力と、『湖南三山』として脚光を浴び始めたことで守られつつあるように感じました。
以前、湖北の菅山寺を訪れた際に感じた滋賀の文化財に対する危機感への一つの解を見た気がしました。


D82_6626sps
 D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


それにしても今年は紅葉が早い。
常楽寺も風通しの良い場所の木は完全に落葉してしまっていました。


にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

雨の湖南三山 長寿寺

11月27日


おそらく今年の紅葉の締めくくりとなりそうですが、会社の写真部での撮影会(ユルいものですけど)ということで、湖南三山へ。


しかしながら、この日はしっかり雨。
覚悟して完全な雨装備で臨みました。
まずは長寿寺へ。

D82_6605sps
小さな石灯籠も秋の彩 D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


雨の中の撮影は何かと大変ですが、雨ならではの被写体がありますし、なにより人が少なくて撮影しやすい。駐車場の心配がない。


D82_6596sps
瓦に降り積もる D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

晩秋 将軍塚古墳群

11月26日
今年の紅葉はかなりの早足ですね。

今年は秋口まで暑かったので全く油断していました。11月に入ってから一気に来てしまいました。


D82_6557sps
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


最後のチャンスの日、近所で思いつくのは赤じゃなくて黄色でした。
将軍塚古墳群の馬塚古墳、銀杏の木。
良い色していました。
D82_6578sps
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

ここは、東側にはガードレール、反対側も高圧電線と、カッコ良く撮るのが困難な場所です。
が、好きなところです。


D82_6580s
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


 

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

金勝寺 栗東のスタンプラリーで

11月19日

金勝アルプスを歩く際の桐生キャンプ場でもらった地図についていた『森とのふれあいスタンプラリー』。

プチドライブとお散歩を兼ねて子供たちと行ってきました。

桐生キャンプ場周辺のスタンプを収集した後は、金勝寺と山頂周辺へ。

D82_6549sps
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


金勝寺に差し掛かった時、ちょうどご住職が灯路に灯をともしているところでした。
ちょうど、あかりの演出後のライトアップ期間でした。


D82_6544sp2s
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


午前中まで雨降りだったこともあり、石畳は濡れて光り、山は雲に包まれていました。
子供が飽きない程度に短時間でささっと撮影を済ませ、お参りをしてきました。
D82_6550sps
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
さてさて、スタンプラリーの景品は当たるでしょうか??

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

赤い羊??竜ヶ岳

10月30日
竜ヶ岳。
子供のころから毎日見てきた鈴鹿の山の中でも、小野田セメント(当時)の採掘模様が独特な藤原岳と並んで、冬の真っ白な山容が印象に残る山です。

しかしながら、これまで一度も登ったことがありませんでした。


D82_6338sps
稜線の笹原をゆく D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


気になったのは、皆さんが『羊』と表現するシロヤシオ。
花の時期が『羊』、紅葉は『赤い羊』だそうで。

D82_6309sps
色づく『羊』 D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


今回は、石榑峠からの往復でしたが、峠の駐車スペースが満車だとレガシィの長さではUターンすることもままならず、少々苦労しました。
花の時期はもっとたくさんの人で賑わいそうなので、宇賀渓からのルートも視野に入れねばならないかもしれません。


D82_6322sps
遠足尾根が気持ちよさそう D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

秋の名残の

12月12日
私が初めて父に連れられてクラシックコンサートに行ったのが小学2年生のとき。
今年、その歳に達した長男を連れて京都市交響楽団の第九を鑑賞する機会を得ました。
Dscf6039spblog
名残の黄色 X30 


せっかく息子を連れて京都(しかも北部)に行くということで、鹿苑寺金閣を訪ね、さらには境内脇で本家と元祖の餅が争う今宮神社を訪ねました。
昼食が想定外の大盛りで『あぶり餅』を楽しむ機会を逃してしまいました。

コンサートに足を運ぶのは私自身も10年ぶり以上のことでしたが、今回の第九では『演奏の良し悪しは指揮者で決まる』ということを改めて実感しました。広上さん楽しい!!
コンサートはまりそうです。
D82_4031blog
家の残り紅葉 D800 70-200mmF4G

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月28日 (土)

2年ぶりの教林坊

11月25日

今年の紅葉撮影地は2年ぶりの教林坊。

D82_3965
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

小さな小さなお寺なのですが、この境内の雰囲気が何ともいえず気に入ってます。

今年は残念ながら以前ほどの紅葉とまではいきませんでした。

2年前は⇒コチラ

白洲正子の著書によれば石の寺ということで、庭園は古墳の石を上手く使っているとか。

D82_3918
石の庭園 D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

室内から眺める庭園もまたいい感じで。

D82_3961
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


お寺の雰囲気は好きなのですが、今年は紅葉がいまいち・・・。

その後、せっかくなので紅葉の名所、湖東三山金剛輪寺にも立ち寄りましたが、平日なのに人は多いし、それに『ホームの電車待ちで列を崩しそうな人たち』が多くて全く楽しくありませんでした。

私はひねくれ者なので、一般受けする観光地が好きじゃないのかも・・・。

 

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月27日 (金)

秋の盛りに

10月に一足早く山で紅葉を楽しむことができた今年。

いよいよ里の秋も本番となりました。


D82_3930_2
つくばいに秋の色 D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


今年も何か撮らないと我慢できないので県内撮影行を決行しました。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月29日 (木)

錦秋の小池新道を楽しんで…

今回は好天に恵まれたおかげで、とても印象深い山行となりました。

すでに多くの山小屋が営業終了している時期ということで山小屋も少人数でゆったりとでき、数日前に降った雪が撮影のアクセントとなってくれました。

(新穂高の無料駐車場も、土曜日の昼前なのにガラガラで、一番上段に駐車できました)

今回同行してくれたTKくんも、この時期の山行が気に入ったようです。

ただ、一旦天気が崩れたら大変なことになるので、いつもこんな上手くいかないことを忘れてはいけませんね。

山行前の調査で気になっていたことが『橋』でした。

秩父沢の橋は日曜日で取り外すらしいということ、そして鏡平の池の橋はすでに取り外されているらしいということが気がかりでした。

D82_3523
日曜朝の秩父沢




D82_3652
月曜日の秩父沢



D82_3652



秩父沢は秋は水量が少なく、またいで流れを渡ることができました。前日に雨が降ってなければ大丈夫なのかな。

D82_3555
鏡平の橋もないけれど・・・


鏡平の橋も、両サイドに渡されている板が思ったより太くて簡単に渡ることができました。

今年は本当に当たり年で、いろんな事が纏めてやってくるので心の余裕がなかったのですが、この山行のおかげですっきりリセットできた気分になりました。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)