カテゴリー「フォトコンテスト」の25件の記事

2022年3月20日 (日)

第60回 滋賀県写真展覧会

1月のこと。

本年の写真チャレンジの第1弾として、第60回滋賀県写真展覧会に出品しました。

 

D84_8154sp_print2s
『秋宵ノ蒔絵』 入選

 

結果は入選。

 

写真は金勝寺で開催された『あかりの演出』の際に、愛車に写り込んだモミジの反射を写したものでした。

県展とということで、まずは入選できただけでもOKです。

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

 

| | コメント (0)

2021年12月30日 (木)

第45回栗東市美術展覧会

備忘録として残すべきこととして、市展活動を記しておかねばなりません。

要は、入選だけだったから記載せず放置していたということですが・・・。

栗東市の写真展には、今年も2点出品を行い、残念ながら賞はいただけませんでした。

 

D84_6783spm3s
入選 『森への誘い』 7月撮影シイノトモシビタケ

 

D84_3660spms
入選 『宵の誘い』 2020年4月 大鳥神社の参道

 

指導を頂いた大先輩には、風景ではなく情景を、とのお言葉を頂いているのですが、私にはなかなか難しい。

次こそは、もう少し違った成果を出せるよう精進せねばと思う次第です。

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

 

| | コメント (0)

2021年10月20日 (水)

第59回草津市美術展覧会

芸術の秋。

Img_1648sp

 

今年もチャレンジしましたが、結果は入選どまりでした。

 

今回のチャレンジ作品は、7月の槍ヶ岳山行で撮った夜明けの写真。

 

D84_7165spm2s
入選『絶景ポイント』

 

会社OBで精力的に撮影活動されている大先輩にご指導を仰ぎつつのチャレンジでしたが・・・。

大先輩には『市展で風景写真は難しいぞ』とご指摘いただいておりますが、ここだけは譲りたくない…と思ってます。

 

さて、次は栗東市展へ!

 

 

| | コメント (0)

2021年9月26日 (日)

高島の魅力を探そうデジタルフォトコン2020

拙ブログは、本人の撮影の記録、備忘録的な面もあり、きちんと記録をしておこうと思っていたのに、完全に投稿忘れしていたものを発見しました。

表題は、もう昨年度のコンテスト。

半年も前の3月のこと・・・びわ湖高島観光協会の方からメールを受信しました。

入賞の案内でした。

 

賞名:『入選』

作品題名:『晩秋トレイルの紅一点』

 

D84_5503sps
同じ場所での一枚

殆ど落葉した高島トレイル百里ヶ岳の山頂で一本だけ頑張っているカエデの木をテーマにしたものです。

これをブログに掲載したあと一か月後にはまたこの季節がやってくるんですが(汗)

 

高島に行く機会が減ってますが、次回も頑張って応募したいところです。

 

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

芸術の秋に・・・第43回栗東市美術展覧会

そして、今年最後のチャレンジは、栗東市の美術展。

前回一度、額が大きすぎて受付してもらえなかった苦い経験があります。

(が、その写真で観光物産協会のコンテストに再チャレンジしましたけど…)

 

D82_0511sp2s
『朱の時間(あけの時間)』・・・入選(展示)

 

栗東市展の良い所は、すべての入選写真に審査員の先生から講評が頂けることです。

この写真には、日の出直前のもっと強い赤色か、(何かすぐには思いつかないが)その他のワンポイントがほしかったとのこと。

この日はこれ以上の夜明けの色は出てませんでしたから、後者のワンポイントを考えたらよかったのかもしれません。

が、この日の本命は夜明け前の工場本体だったから、ついでに撮ったこの写真に注力する発想はありませんでした。

D82_0474sp
こんな写真のための撮影行でした・・・。

ファインダーをのぞくときはいつでも全力であるべきですね。

 

そして・・・

D82_4410sptrims
『連なる』・・・特選6席(栗東市文化協会会長賞)

 

県展、市展通じて初めて入賞(特選)を果たすことができました。

白馬へスキーに行った際、山スキーで少しだけ遠見尾根に登った時の一枚です。

立ち止まって休憩している際、ふと見上げた空が面白くてスキーを履いたまま撮ったものでした。

 

今年の市展活動では、改めて『フォトコンテストと市展は評価のされ方が全く違う』ということを学びました。

その学びを基に栗東市展では、これまで『ボツ』として眠っていた過去写真を再度選抜することで評価していただくことができたかなと思っています。

さて、今回役に立ったと思いこんでいる『私の審美眼』、本当に役に立ったのかどうかを来年に実証実験です!

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

 

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

芸術の秋に・・・第58回滋賀県写真展覧会

滋賀県写真展覧会には過去に一度チャレンジしたことがありましたが、撃沈。

今年、会場が草津クレアホールなら搬入、搬出が近くて便利ということで2度目のチャレンジを行いました。

 

D83_9068spfs
『帰ろう』・・・入選

 

473点の出品中、入賞17、入選113ということで、入賞ではなくとも嬉しい結果を頂きました。

湖西の大御影山の帰り道、林道で肩で息をしながら撮った一枚。

プリントでは思ったほど青い人物が浮き上がらなかったのが反省点でした。

 

これを励みに、来年は入賞できるよう精進したいです。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

 

 

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

芸術の秋に・・・第57回草津市美術展

数年前からチャレンジを始めた、市展への出品。

草津市美術展へ3度目のチャレンジを行いました。

 

D83_7984sp2s
『祈り』・・・入選(展示)

 

伊砂砂神社のおまつりで、古式花踊りが始まる前の祈り。

雰囲気が好きだったんですが、冷静に見れば参拝用の鈴の紐(?)が邪魔ですね。

また、提灯の灯が強くて中心に視線が集中しないなど、反省点が多くありました。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

 

 

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

第26回 RITTOフォトコンテスト

3月中旬のことになります。

栗東市観光物産協会から一通の封書が届きました。

 

~~この度は、当協会主催の『第26回RITTOフォトコンテスト』にご応募いただき、誠にありがとうございます。多くの方々から非常に素晴らしい作品を多数ご応募いただいた中から、先般、当協会の役員理事および栗東市野村市長による厳正な審査を行い、その結果、作品『金色の霊山』が、栗東八景賞に選ばれました。~~

 

第17回、20回、24回、25回に続き、3年連続で5回目の入賞を果たすことができました。

 

5回中4回が暗闇に浮かぶ金勝寺。

本当に縁の深いお寺となってきました。

もちろん、歴史的、仏像的、雰囲気的、撮影スポット的に大好きなお寺です。

 

D83_9077sps
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

平城京の鬼門を封じるために創建され、かつては平安京の鬼門を封じるために創建された延暦寺とともに並ぶ大寺院だった金勝寺。

平城京を建設するために田上山と共に木材が切り出され、近代以降植林されるまでずっと禿山となっていた金勝山。

 

白洲正子が『滋賀は歴史の楽屋裏』と称したそうですが、日本の歴史の表舞台を支えてきた滋賀県、特に金勝寺、金勝山はその最たるものではないかと思っています。

 

そんな面白い被写体で、賞をいただいてうれしい限りです。

また、撮りに行きます!

 

追記:

表彰式にて確認したところ、やはり第27回コンテストから、無鑑査の扱いになるようです。

無条件に入賞作品と並べてもらえるのは名誉なことですが、良し悪しを判断せずに並べられるというのはちょっと怖いですね。

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

 

| | コメント (2)

2018年10月16日 (火)

第24回 夢けんせつフォトコンテスト

8月のことになります。
次のような連絡をいただきました。

拝啓 残暑の候、貴殿にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、この度第24回『夢けんせつフォトコンテスト』にご応募いただきましてありがとうございました。このほど、当委員会において審査をいたしました結果、応募総数307点の中から貴殿の作品が『優秀賞』に選ばれましたのでご通知いたします。

・・・・・


ということで、2011年、2014年につづいて、3度目の入賞を頂くことができました。


題材は、金勝寺の夕暮れ。
今年は栗東と共に金勝寺で賞をいただくこととなりました。
栗東では夕暮れの霧をテーマにした構図でしたが、今回は灯かりが完成する前の作業をテーマにした構図です。

よく似た時間帯ですが、実は別の日に撮ったもので、霧を狙ったものの濃さがいまいちの日に視点を変えてみたものでした。



D83_6178sps
もう少し暗くなると雰囲気はまた一変


この演出は私のお気に入りなのですが、今年の観光物産協会のイベントには案内が出ていません…。
今年はないのかな…。


にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

第25回 RITTOフォトコンテスト

3月の末のことになります。
栗東市観光物産協会から一通の封書が届きました。


この度は、当協会主催の『第25回RITTOフォトコンテスト』にご応募いただき、誠にありがとうございます。多くの方々から非常に素晴らしい作品を多数ご応募いただいた中から、先般、当協会の役員理事および栗東市野村市長による厳正な審査を行い、その結果、ご応募いただきました作品『秋霧の霊山』が、市長賞に選ばれました。・・・




第17回、20回、24回に続き、4回目の入賞を果たすことができました。

しかも4回中3回が金勝寺の写真。

今回は、霧の金勝寺でした。

D83_7199sps
霧立ち込める D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


金勝山、金勝寺は歴史的にも被写体的にも大好きなポイントです。
そして、コンテストでは4回すべてでお世話になりっぱなしです。


これを励みに、さらに面白い写真を目指します!

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)