2018年6月 4日 (月)

夜釣りにチャレンジ

大潮の日。

長男を夜釣りデビューさせました。

三重県は千代崎漁港。


Image1sps
iPhone7 & SilkyPixPro7

初めての電気ウキ。
私も電気ウキは10年ぶり以上。

この間にLEDが進化し、世の電気ウキの進化に驚き。



千代崎は、かつて私が通ったポイントですが・・・釣果は聞かないで…。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

次男の伊吹山デビュー

4月30日



GW始めに遡って4月30日。

子供二人を連れて伊吹山登山へ。
長男は昨夏に無事に完登しておりましたが、このいい季節に2年生になったばかりの次男もチャレンジすることになりました。



D83_7047sps
三角点付近からの眺望 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


無事に登頂することができましたが、朝8時に出発し、駐車場までもどると既に17時を過ぎていました。

さぞや疲れただろうと思いきや、汗を流すために立ち寄った『あねがわの湯』の炭酸泉で大興奮し、翌日もけろっとしていました。

一番疲れを残していたのは父親だったり・・・。
この時期の伊吹山は、新緑がとてもいいですね。
この日は曇っていたので、むしろ緑が艶やかに。



D83_7074sps
7合目付近の新緑 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


そして、名前はよく知らないけど、プチ花畑も。



D83_7090sps
黄色の花のじゅうたん D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


次は御在所に行きたいと申す息子たち。

たぶんロープウェイに乗りたいのだろうけれど・・・。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

2018年の撮り始めに登り始め

1月4日
2018年が始まりました!


始めが肝心!ということで、子供たちと金勝アルプス周回登山へ。


D83_6385sps
冬晴れの天狗岩 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

とても寒い日で時折小雪のちらつく天候でしたが、時折晴れ間も除く登山日和に、次男は初の金勝アルプス、長男も初の竜王山登頂ができました。


D83_6397sps
白石峰に雪だるま D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


食べ過ぎにはちょうど良い運動となりました。


D83_6410sps
新名神を望む D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

今年も実りある年にすべく、頑張らないと。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

お盆らしくない天気に、お盆らしいことを

8月15日


今年の夏、特にお盆は夏らしくなかったですね。

本当は世界無形文化遺産に指定された富田の鯨船(と、観客の増えっぷり)を見に行きたかったのですが、天気が悪くておあずけ。

けれども雨が小止みになった間に、子供だけでも祭りの雰囲気を楽しみに。



D82_9038sps
射的にチャレンジ D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


私が子供の頃(30年以上前ですが・・・)にはもっとたくさんの露店が出ていたのですが、それでも富田一色のけんか祭りにはお店が出ています。
ただ、次男が楽しみにしていたスマートボール(めちゃ古い道具でしたが)のおばちゃんは来てませんでした。
けんか祭りの練りの合間に射的を楽しみ、私は鉦の音だけを楽しみました。


D82_9042sps
ひと練り終えて D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

第2回 『山の日』に

8月11日


制定されて以降、2回目の山の日。

今年も伊吹山に登る機会を得ました。

今年は長男もチャレンジ。



標高差1157m。
長男の体力なら大丈夫だろうと思っていたのですが、予想外の敵は暑さ。
早朝の1合目までの樹林帯は、高湿度、無風。
3合目までで、想定をはるかに上回る消耗でした。
しかし、樹林を抜けて空気が動き始めたことと、5合目での『三ツ矢サイダー』パワーでなんとか復活してくれました。


D82_8886sps
頂上での舞 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

本人は、いつか高い山(日本アルプスです)に行ってみたい、けど今年は無理と言ってました。
今回の頑張りを見ると、大丈夫だと思うんですけどね。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

羊のいない 竜ヶ岳羊牧場

5月20日
ネットで過去のいろんな方の山行記録を拝見すると、シロヤシオは時期的に全く問題なさそう。
さて、肝心のシロヤシオは…。


D82_8070sps
一面緑のモコモコ D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


残念ながら、ほとんど見当たりませんでした。

木によっては花をつけてくれているのですが・・・


D82_8076sps
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


ごく一部の木は花をつけているのですが、それもまだ蕾が多く、きっと見頃は次の週末になりそうな雰囲気でした。

初めてこの時期に登ったので詳しくは知りませんが、その蕾すら見当たらない木が多数だったのがとても気になりました。

今年はいわゆる『裏年』なんでしょうかね。


ただ、子供たちは笹原の稜線の解放感は感じてくれたようで、『来年また見に来る』という結論で下山しました。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

子供二人と竜ヶ岳・・・肝心の羊牧場は?

5月20日


先日の太神山への子連れ登山では次男も参加しました。
蛇谷ヶ峰、太神山と登った次男に、もうちょっと冒険してもらおうと、鈴鹿山脈竜ヶ岳へ。
子供達には冒険ですが、お父さん的にはシロヤシオの『羊牧場』狙いが本音だったりしまして・・・。


冒険とは言いつつ、子供二人連れて宇賀渓から登るのは困難が想像されたので、今回は石榑峠からチャレンジ。
7時半の時点で15台目の車ということで、駐車スペースすぐ下の路駐で出発。


D82_8051sps
笹の稜線をゆく D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
花崗岩のザレた滑りやすい道と、結構な急傾斜で、次男は思った以上に苦戦し、頂上まで2時間を要しました。

彼らの楽しみは、ザックにたくさん詰まったおやつ。
頂上で敷物を敷くと早速おやつタイムに入りました。
しかし、まもなく後方が騒がしいと思ったら、マムシの出現。
気温の上昇で、彼らも元気になってきたようです。
D82_8059sps
小さいマムシですが・・・ D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

そして、肝心のシロヤシオは…。

D82_8078sps
竜ヶ岳山頂と D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR


う~~ん・・・。



にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

3年ぶりの太神山

4月30日


今年の大型連休も終了しました。

基本的には、GWは混むから遠出しないのですが、子供とどこかにお出かけはしておきたいところです。


ということで、3年ぶりの太神山。
長男にとっては3年ぶり、次男にとっては初めての太神山。
前回は→コチラ

どの山に行ってみたいか、長男のリクエストでした。



D82_7881sps
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

次男は、小学校の遠足に備えて新調した15Lザックを背負って。
まだ体よりかなり大きい。

長男は3年使用した20Lザック。
当時はかなり大きかったのに・・・。

太神山は針葉樹も多いとはいえ、深緑も十分楽しめました。

D82_7878sps
舞台造りに新緑 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


この迫力ある柱を何とかカッコ良く撮りたいのですが、ここはさすがに工夫のしようがないです。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

第24回 RITTOフォトコンテスト

先日、栗東観光物産協会から一通の封書が届きました。

さて、この度は『第24回RITTOフォトコンテスト』にご応募をいただき、誠にありがとうございました。
多くの方々から優秀な作品を多数応募いただき、先般当協会におきまして厳選なる審査を行いました結果、あなた様の作品が下記のとおり入賞となりました。
                記
 ◇作品名 『至福の一時』     ◇区分 優秀賞

第17回、第20回のコンテスト以来、3度目の入賞を頂くことができました。

昨秋、実は栗東市美術展へ出品をしようとしたのですが、確認不足のためになんと『額が大きすぎ』のために受付していただけませんでした。
そんなこんなでRITTOフォトコンテストでリベンジを図ったわけですが、なんとか果たすことができました。

なんともアホらしいミスで凹んでいましたが、ありがたいことです。

栗東のフォトコンとなると被写体の選択に困る私ですが、自分らしく山で面白い写真を撮りたいですね。

また、息子に付き合ってもらわねば。


D82_5500sps
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

知るも知らぬも 逢坂の関

1月29日



ゲーム感覚でちょっとだけ教えた百人一首。



兄弟そろって盛り上がり、兄は百人一首教室へ。
私はもう子供に勝てず・・・。
そしてこの日、兄は近江神宮での子供百人一首大会に出場したわけですが、見事予選落ち。


D82_7230sps
関蝉丸神社は京阪の踏切を越えて D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR



せっかく百人一首で盛り上がっているので、逢坂の関を目指しました。

しかしながら、逢坂の関記念公園周辺には駐車場はありません。
仕方がないので、大津駅周辺で一番山に近い駐車場に車を停め、一号線を歩いて登ることにしました。

D82_7258sps
蝉丸神社の石段を一気に登る D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

関蝉丸神社、関蝉丸神社上社、村社蝉丸神社・・・三つもあるんですね。

順に参拝するとまあまあいい感じの散歩になりました。



百人一首には逢坂の関(山)を詠んだ歌は三首。

  知るも知らぬも逢坂の関

  よに逢坂の関はゆるさじ

  逢坂山のさねかずら

1200年以上前からの交通の要衝で、当たり前のように歌の題材にされていた地。
関のあった場所は定かではないようですが、それでもここを多くの歴史上の有名人が通ったと思うとたまりません。




D82_7266sps
旧逢坂山隧道 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


鉄道遺産、旧逢坂山隧道。
明治13年、生野銀山の鉱夫が手堀りで完成させた日本初の山岳隧道だそうで。
明治の浪漫、これもたまりません。




にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧