« 年の初めは綿向山 | トップページ | 白馬の朝 »

2024年1月15日 (月)

年の初めは綿向山 その2

綿向山の登山道は、7合目から上は周囲もとても気持ちの良い自然林ですが、そこまでは延々と植林地帯を歩きます。


基本、薄暗くて”気持ちよく歩く”イメージはないのですが、ところどころ朝日が彩ってくれました。


 


Z60_3207sps
整然と並ぶ Z6II AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR and FTZ II


 


日が射すと、光芒が現れたり、一点だけ緑が輝いたり、まぶしかったり。


 


Z60_3218sps
朝日に若木の緑が輝く Z6II AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR and FTZ II


 


けれど、上を見上げると薄暗い。囲まれている感じ。


 


Z60_3191sps
見上げると Z6II AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR and FTZ II


 


Z60_3222sps
植林と自然林の境目はちょっと気持ち良い Z6II AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR and FTZ II


 


この植林帯、閉鎖後には全く違う雰囲気になっているかも、と思うと、普段カメラを出さないようなところでたびたびシャッターを押してしまいました。


 


にほんブログ村 写真ブログへ

|

« 年の初めは綿向山 | トップページ | 白馬の朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年の初めは綿向山 | トップページ | 白馬の朝 »