« 2022年5月 | トップページ | 2022年10月 »

2022年9月の6件の記事

2022年9月28日 (水)

市展に向けて過去の写真を振り返る 6月金勝小屋谷観音

市展に向けて過去の写真を振り返ります。


(ブログに記録するのをさぼっているから振り返りにくい…)


次に…


6月19日


梅雨の晴れ間に、山地図にないルートで金勝寺から小屋谷観音へ。


詳細は⇒YAMAPの記録


金勝寺では、軍荼利明王にご挨拶し、


 


D84_9163sps
緑に包まれる二月堂 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


そこから薄い踏み跡をひたすら下りました。


標高を200m以上下った沢筋に挟まった大きな岩、上部に回ると横たわる観音さま・


 


D84_9194s
ひっそりと D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


ここも明治の砂防工事の折に転げ落ちてきたのでしょうか。


ここでは、帰り道にヤマビルちゃんを一匹連れ帰ってしまいました。


D84_9210sps
シダに囲まれて D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


 


 

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0)

2022年9月26日 (月)

市展に向けて過去写真を振り返る 8月のブルーインパルス

今年も芸術の秋、市展の秋がやってきました。


この1年を振り返ってみても、なかなか良い写真がありません。


まずは・・・


8月6日のブルーインパルス(前日の予行演習)


 


D84_9345sp2s
竹生島と D800 TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD(Model A035)


 


滋賀っぽい写真を撮るなら箱館山スキー場しかない!ということで撮った一枚。


残念ながらこの日は雲が低く、伊吹山見えず、ブルーは湖上ばかり飛ぶ、晴れてない、など条件が整いませんでした。


 


D84_9412sps
最後にサービス? D800 TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD(Model A035)


 


それでも最後にメイン会場上空を旋回してくれ、前回見れなかった次男も大喜びでした(彦根の時は体調不良)。


この写真ではちょっとつらいか・・・。


 


 

にほんブログ村 写真ブログへ

 


 

| | コメント (0)

2022年9月18日 (日)

次男の第2回北ア遠征は 唐松岳 その3

翌日は午後から雨の予報。

ライチョウと出会えるんじゃなかろうかと周囲に目を配りつつ、早々に下山開始。

 

D84_9566sps_20220912225301
丸山ケルンに到着 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

雲と雲の間、意外と好きな景色が展開します。

不帰側の谷(唐松沢?方面)の断崖と湧き上がる雲。とても好きな雰囲気なのですが、写真に纏まらないですね。

 

D84_9588sps
湧き上がる雲海 D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

 

次男もこの風景が好きなようで、盛んにコンデジのシャッターを切っておりました。

 

下の樺にて、樺三景。

D84_9607sps
壮年

 

D84_9610sps
老年

 

D84_9615sps
青年

 

下山後は、倉下の湯の茶色の露天風呂を二人占めして満喫し、大好きな山岳写真家、菊池哲男先生のギャラリーを訪問して興奮し、白馬を満喫して帰路につくことができました。

来年は長男も再参戦(できるのか?)して山を楽しめるといいな・・・と思う次第。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

 

| | コメント (0)

2022年9月16日 (金)

次男の第2回北ア遠征は 唐松岳 その2

D84_9502sps_20220912225301
青空が見えたタイミングでハクサンシャジン D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

眼下に雲、見上げると雲な天気ではあったものの、時折こんな鮮やかな風景も見ることができました。

ただ、日差しは暑いのが苦手な次男へのダメージになっていたようですが…。

 

D84_9533s_20220912225301
唐松岳でもコマクサが多かったんですね…全然覚えてませんでした D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

稜線に上がると完全にガスの中でしたが、次男の二大目標のコマクサにも出会い(もう一つのライチョウには出会えず)、夕食後にはガスが切れ、山頂ではなかなか良い夕暮れ風景を楽しむことができました。

 

D84_9536sp2s_20220912225301
夕食後、ガスが切れ始めた D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

山頂からは、次男が好きな剱岳(正確には映画『点の記』とそこで使われるヴィヴァアルディの冬)、毛勝三山の展望を楽しみ、満足のうちに初日を終えました。

 

D84_9547s_20220912225301
艶めかしい雲海と毛勝三山 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

D84_9552sps_20220912225301
頂上山荘、遠くに残照に輝く入道雲 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

 

| | コメント (0)

2022年9月14日 (水)

次男の第2回北ア遠征は 唐松岳

8月24日~25日

 

今年は長男が受験生で山はお休み。

一方の次男は、お兄ちゃんよりも北ア訪問回数が少ないこともあり、山行を計画しました。

 

D84_9487s
八方池は雲海と稜線付近の雲の間 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 

 

今年の夏はお盆以降、ずっと晴れ間のない日が続いており、週間天気予報とMountain forecastで少しだけ天気が良くなる日に決行。

標高1600~2000m付近の雲海と2500m以上の雲に挟まれて、なんとか景色を楽しみつつ登ることができました。

 

D84_9481s
八方池へと下る次男 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

一方で次男はといえば、夏休みに全く屋外に出ない生活を送っていたためか、はたまた雲の中を歩く高湿度に参ったためか、昨年の槍ヶ岳山行よりも力のない登りになりました。

山行記録は ⇒ コチラ(YAMAP)

| | コメント (0)

2022年9月11日 (日)

義父を送る

9月3日

 

義父が他界しました。

春から食事ができない状況であり、心の準備はできていましたが、寂しいです。

 

拙ブログは開設して16年と、今年中学三年になった長男の成長をほぼ網羅するようなものです。

ブログの写真を振り返ると、例え子供が登場しない写真であってもそこにはそのころの子供の思い出がセットになっており、そしてその背景にはいつも優しく孫たちを見守ってくれた義父の姿があります。

 

Dsc_1716
『こわくないよ』・・・2009年にデジタルカメラマガジンで佳作をいただいた

当時の記事は ⇒ コチラ

 

義父には感謝の言葉しかありません。

 

 

にほんブログ村 写真ブログへ

 

| | コメント (0)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年10月 »