« 秋雨の隙を衝いて爺ヶ岳 その4 | トップページ | AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED »

2017年10月29日 (日)

秋雨の隙を衝いて爺ヶ岳 その5

高曇りの稜線から、雲海目指して柏原新道を下っていきますが、波打つ雲海と金色の唐松が気になって仕方なく、今回初めて望遠をつけたカメラを首から下げたまま歩き続けてしまいました。


D83_6032sps
雲湧き上がる斜面に輝く黄金の松 D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR (トリミング)


少し歩いては撮り、を二人がそれぞれやるので、結局下山にも登りの所要時間と同じだけ時間をかけてしまいました。



D83_6044sps
雲海と同じ高さで D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR (トリミング)


雲海の高さまで下ると、赤い紅葉も。
高い木の葉は傷んでいるので、足元で小さく頑張っている姿を。



D83_6080sps
足元の小さな楓 D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR (トリミング)


今回、久々の写真仲間との撮影行ということで、いろいろ久しぶりなお話をしただけでなく、彼が何にレンズを向けているのかなんかも刺激を頂きました。最後の楓なんかも、山行中はレンズを向けていませんでした。もうちょっとマメに道中撮影もしたくなってきました。
(時間かかっちゃいますが…)
また、違う季節、違う山を一緒に撮ってみたいものです。




まもなく、滋賀の低山も紅葉の盛りを迎えるというのに、2週連続の台風。

山の葉はきちんと残ってくれているのでしょうか……。

にほんブログ村 写真ブログへ

|

« 秋雨の隙を衝いて爺ヶ岳 その4 | トップページ | AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166789/65979279

この記事へのトラックバック一覧です: 秋雨の隙を衝いて爺ヶ岳 その5:

« 秋雨の隙を衝いて爺ヶ岳 その4 | トップページ | AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED »