« 錦秋の教林坊 2    | トップページ | 2013年 うちの紅葉 »

2013年12月 1日 (日)

かくれ里 石馬寺

滋賀の名所旧跡を調べていくといつもぶつかるのが白洲正子の著書。

近江に魅かれて何度も訪れていたようですね。

先日訪れた教林坊もそうでした。

そしてそのすぐ近傍にも紹介されているお寺がありました。

石馬寺

Ds8_7337sp
参道の石段 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

聖徳太子の創建(教林坊と同じ)と言うことですから、相当な歴史の深さです。

長い参道脇の数々の石組も、過去の規模の大きさも想像させてくれます。

そして、特筆すべきは宝物殿に納められた重要文化財の仏像群でした。

写真ブログなのに写真で報告できないのが残念ですが、私は阿弥陀如来坐像、役行者像の魅力というか迫力に圧倒されました。

Ds8_7347sp
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

Ds8_7347sp

受付時間を過ぎているのに入れていただいた、というくらい遅い時間だったので、雰囲気満点の参道も暗すぎてほとんど撮れず、写真の収穫はほとんどありませんでしたが、また訪れたい気持ちになるところでした。

こちらは、東向きの斜面にあるので、午前中の光が射す時間に撮ってみるといいのかもしれません。

にほんブログ村 写真ブログへ

|

« 錦秋の教林坊 2    | トップページ | 2013年 うちの紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166789/58680843

この記事へのトラックバック一覧です: かくれ里 石馬寺:

« 錦秋の教林坊 2    | トップページ | 2013年 うちの紅葉 »