« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月 5日 (木)

新戦力 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR 

先月、我が家にニューレンズがやってきました。

Ds8_6540
新戦力・・・ちょっと長い D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

当初はあまり興味のないレンズだったのですが、登場後に出てくる評価の高さに徐々に魅かれてしまいました。

なにしろ比較対象が70-200mmF2.8で、画質は全く引けを取らないとか・・・。

しかも最短撮影距離が短く、そしてこのコンパクトな大きさ。

実際、少しだけ撮影しましたが、なかなか好印象な感じです。

ただ、問題はその価格。

D800購入で大幅にキャッシュフローが悪化している私のお財布にはかなり厳しいため、いよいよカメラ資産の整理に入りました。

Ds8_6536
D700、70-300mmF4-5.6、そしてシグマ大口径

あったら便利なんですけど・・・仕方ありません。

早速ですが、すでに1つは新しい持ち主のもとに旅立ちました。

もし興味をお持ちでしたら、アマゾンで徐々に出品していきますので覗いてやってくださいませ。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

初めての南ア!大樺沢

8月24日

最終日も残念ながら稜線上はガスの中。

北岳山荘から、トラバースルートを経て八本歯のコル、そして大樺沢を下山。

Ds8_6289
大樺沢上部の森 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


Ds8_6289


トラバース道の桟道、大樺沢上部のハシゴ、なかなか緊張感のあるルートでした。

Ds8_6290
D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

樹林帯に入ると、北アルプスとはまた違う雰囲気を味わうことができました。なんでしょうか、木が大きくて深い森に入った気分になります。

Ds8_6308
大樺沢から鳳凰三山 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

鳳凰三山は視界良好なようでした。
こうやってみると大きく見えないのですが、2800m級なんですよね。


この後、クマとのニアミスなどもありつつ、無事下山。
ただ、ずっと広河原付近が見えているのに、全然たどり着かない・・・。
おかげでバスの時間までに余裕がなく、広河原山荘のカレーライスを逃してしまいました。

南アルプス、でかい。

カメラを出す機会がほとんどない(三脚はただのおもりに(涙))山行でしたが、おかげで南アルプスリベンジという次の目標ができました。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

初めての南ア!私の日本最高峰

8月23日

せっかくの山行だったのに、天候に恵まれないと面白い写真が全然撮れず、写真データで振り返ると寂しい限りです。

Ds8_6262
証拠写真 D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

さて、2日目は大気の状態がかなり不安定と言うことで午前中にすべて行動を終了したいし、しんどいという前評判の草すべりを登るため、かなり早めの出発。

ガスでカメラを出す機会もなく、黙々と登ると思ったよりあっさりと尾根に到達しました。

私は富士山は登らないと決めているので(見る山です!)、私にとっての日本最高点に到達です。

結局、ガスに覆われたままで展望も効かず、午後は雷雨も想定されたので間ノ岳往復も見送ることとなりました。

ただ、1分くらいガスが切れ、一瞬だけ富士山を見ることができました。
やはり南アから見る富士山はでかい!!
北岳山荘のテン場に、富士山を撮るために長期滞在しているフリーランスのカメラマンの方もいらっしゃいましたが、私もここで富士山を撮るため、リベンジすることを心に誓いました。(登らないと決めつつ、見るのは大好きなのです)

Ds8_6267
富士山が見えた時だけ一瞬八本歯のコル方面も D800 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


Ds8_6267


仕方がないので、せっかく持参した新兵器を試してみました。

Ds8_6272
D800 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

望遠ズームながら、かなり近距離まで近寄れるため、軽く花の写真を撮るときには便利です。

・・・天気が良ければもっと出番があったんですけどね・・・
まあ、全行程を通じて、行動中の雨がなかったので良しとすべきですがね。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »