« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月14日 (金)

親がハマる・・・

恐竜や化石にハマり始めたうちの息子のため、3連休に京都で開催されていた『石ふしぎ大発見展』に行ってきました。

息子には展示即売されているアンモナイトの化石がお目当て、私は大津は田上の中沢晶洞で発見された6kgもあるトパーズの展示がお目当てでした。
(やっぱり、家のそばの山から採れた石、というのに浪漫を感じてしまいます・・・)

この展示会(即売会?)はちょっと面白すぎますね。化石は売ってるし、世界中の珍しい鉱物、奇麗な鉱物(結晶)もたくさん並んでる・・・・だけじゃなくて、奇麗にカットされた宝石に、アクセサリーとして加工されたものまで揃っていました。
ということで、家族そろって楽しんでしまいました。

息子にはアンモナイトの化石を買いつつ、私は・・・

Dsd_1470sp
コバルトカルサイト(方解石) D700 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

特に鉱物に詳しいわけでも無いんですが、思わず買ってしまいました。
コバルトカルサイト。・・・初めて聞く名前ですが・・・(汗)
現物はこんなに赤く見えないのですが、写真にするとこうなりました。

方解石って炭酸カルシウムの結晶なんだそうですが、職場の試薬棚に転がっていそうなものが、天然にこんなきれいに形作られると思うと、思わず買ってしまいました。

ほんとはクラスタ状の細い水晶が奇麗だなと思っていたはずだったのですが・・・。

次のターゲットは、岐阜の瑞浪~恵那周辺の博物館ですかね。
実は一度は行ったことあるんですが・・・。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

いろいろと更新の時期が・・・

山歩きの装備はみんな高価ですよね・・・。

学生時代に山の良さを教えてもらって以来、本格的に装備を揃え始めたのは就職してから。
主な装備の使用年数を数えてみたら・・・

レインウェア     12年
ザック      11年
登山靴            11年 (靴底の貼り替え×1回)

レインウェアは表面の撥水が失われて久しいですし、ザックは金属部品は錆が浮いてますし、登山靴はヘタってきてます。

ということで、まずはこちらの購入に踏み切ってしまいました!

Dsd_1479
モンベル アルパインクルーザー2500 2011年モデル 
D700 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

そしてこちらが、これまでの主力、今回第一線を退く(って何足も持ってるわけじゃないんですけど)靴。

Dsd_1476
モンベル アルパインクルーザー2000 2000年ごろにアウトレットコーナーで購入 
D700 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

店舗に古い登山靴も持ち込み、履き比べてみました。
いや~、びっくりしましたね。
新しいモデルはサイドウォールの剛性が高められている、とのことでしたが・・・
古い靴は全く足首が保護されていないかのようなフニャフニャ感。それでいて下駄を履いているかのような靴底の硬さ・・・。
一方で、新しい靴は足首の横方向のサポート感をすごく強く感じるのに、柔軟であってほしい部分はしっかり柔軟。

ここ10年でのモンベルの靴作りの進歩も大きいですが、愛用してきた靴の革のヘタれが予想以上に大きかったようですね。

大きな出費でしたが、良い買い物ができました(体力不足をお金で補っているような気も・・・)。
早く、どこかの山を歩いてみたくなってきました。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »