« 散歩の途中で・・・ | トップページ | 竹鶴21年 »

2007年5月 4日 (金)

八ツ淵の滝~武奈ヶ岳<2007年版>

5月3日

昨年の春に出会えなかった石楠花を見ようと今年も八ツ淵の滝から武奈ヶ岳方面へ行ってきました。

しかしながら、一部の日当たりの良い場所は満開だけど近寄れない状態でした。

Dsc_3743
かろうじて咲き始めの花が・・・

代わりにイワカガミが綺麗でした。

Dsc_3700
Nikon D200 17-55mm F2.8 (c-PL)

武奈ヶ岳山頂で写真を撮っていると、空から微かに『ゴロッ』という嫌な音が聞こえて来ました。
山頂は木が生えてませんから、急いで細川越~広谷へと向かいましたが、広谷到着前に激しい雷雨に襲われました。
背の高い木々に囲まれていたので多少は安心していましたが、雹が降り出した上にすぐそばに(100mくらい??)落雷があってさすがに怖くなりました・・・。

その雨のおかげで、緑の鮮やかさが増したわけですが・・・。
今回同行したNikonF80ユーザーのY君が実は『苔マニア』であることが判明し、雨のおかげで鮮やかさ、瑞々しさを増した苔を一緒になって撮影してみました。

Dsc_3756
支流の『苔』 Nikon D200 17-55mm F2.8G (c-PL)

苔に注目しているうちに、私も『苔マニア』の仲間入りをしてしまいそうな・・・。

Dsc_3759
『苔マニア』隊長、Y君

本日の昼食。
Dsc_3745

苔のせせらぎ

にほんブログ村 写真ブログへ

|

« 散歩の途中で・・・ | トップページ | 竹鶴21年 »

コメント

苔の良い色が出てますね。
わたしも苔マニアの方ですよ^^

投稿: | 2007年5月 5日 (土) 19時06分

このGWは前半で堂満岳、後半は釈迦岳に行きました。

石楠花は後半増えてきたかなぁ・・という感じでしたね。
群生している石楠花が全て花をつけたら圧巻だと思います。

来週も行くか思案中です(笑)

投稿: b170 | 2007年5月 6日 (日) 18時41分

サクラが終わってしまったと思ったら、今度は 石楠花の季節ですね♪
咲き始めって かわいくて色も濃くて 少し先の日が楽しみになりますね。
σ(・_・)ワタシ 水の流れが好きデス。 音も好きデス。
この写真の水 とってもいいですねぇ~(*´∇`*)
苔の生えた岩の間を流れる水が 澄んでいてとてもキレイですね。

投稿: ミナモ。 | 2007年5月11日 (金) 11時24分

苔マニアさん必見の場所見つけちゃいましたよー!
もうコケだらけでした。

次回ブログ書く際も、この記事にTBさせて頂きたいと思います(笑)

投稿: b170 | 2007年5月12日 (土) 21時19分

皆さんへのお返事遅くなりました。
花さん:
仲間ですね!これから梅雨の時期なんか楽しみです。

ミナモ。さん:
石楠花の色、いいですよね。けど残念ながらこの山の見頃には行くことができません。来年またチャレンジです。
かわりに苔と水を重点的に攻めます(笑)
この写真の水は振りたてのほやほやでした・・。

b170さん:
TBありがとうございました。見頃の石楠花、撮影されたら是非拝見させてください。

苔、楽しみにしてます!!TBもよろしくです!!!

投稿: つばくろ | 2007年5月13日 (日) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166789/14944058

この記事へのトラックバック一覧です: 八ツ淵の滝~武奈ヶ岳<2007年版>:

» 重い足を引きずって・・・釈迦岳(07年05月04日) [山があるから]
天気的に見て5月4日がGW最後の山行になる。 天気は予想通りの快晴。 GW前半の堂満岳登山時「後半にとっておこう」とキープ(先送り)しておいた釈迦岳に登ることに。 「今回は心と体を鍛える為の山行だ!!」 「調子よければ武奈ヶ岳も行くぞ!!」 と息巻いて家を... [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日) 18時35分

» 睡魔襲来・・・鎌倉山・峰床山(07年05月12日) [山があるから]
昨年雨天で敗退 した鎌倉山に再挑戦。 今回は 坊村→鎌倉山→峰床山→八丁平→中村に下山→坊村 というルートだ。 坊村の駐車場に到着する直前、後ろの車が無理な2台追い越しをかけてきた。 キケンな運転だ! 「危ねぇぞ(゚Д゚)ゴルァ!!」と思っていたら その... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 10時20分

« 散歩の途中で・・・ | トップページ | 竹鶴21年 »