« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

散歩の途中で・・・

 農作業で忙しそうな農道を歩いていると、水を引き入れたばかりの田圃に旧家の土蔵の白が輝いていました。

Dsc_3685
Nikon D200 17-55mm F2.8G

栗東市のとある農家の集落ですが、ここは古くからの狭い路地に用水路、そして土蔵の黒壁と漆喰の白がとっても良い雰囲気です。

Dsc_3692
あるお宅の門構え Nikon D200 17-55mm F2.8G

この日は何かのお祭りなのか、どのお宅も御神燈の提灯を吊るしていました。

Dsc_3689_1
土蔵が並ぶ Nikon D200 17-55mmF2.8G

どのお宅もとても立派な造りだったのが驚きでした。
私の実家も農家の集まる地区でしたが、これほど立派なお宅はありませんでしたね。
ここから守山市にかけての豊富な水が、きっと昔から豊かな実りをもたらしていたんだろうなあ、なんて思いをめぐらしてみました。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

春爛漫 2

代掻きの始まった田圃の畦には終盤のタンポポと綿帽子。

Dsc_3678
Nikon D200 17-55mm F2.8G (c-PL使用)

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春爛漫

ゴールデンウィークに入り、どこを見ても花が咲いていて華やかですね。

Dsc_3677
Nikon D200 17-55mm F2.8G (c-PL使用)

蓮華畑では、耳を澄ませばミツバチの羽音が聞こえてきました。

『LEGACYステッカー希望』

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

今年の桜も終わり・・・2

伊吹山の麓にある三島池の桜。

伊吹山をバックに桜を楽しむことができます。

Dsc_3645
Nikon D200 17-55mm F2.8G

桜は池の東側に植えられているので、夕方の光に輝く時間帯が良さそうです。

Dsc_3660
Nikon D200 17-55mm F2.8G

ここも来年また来なければ・・・。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今年の桜も終わり・・・

今年の滋賀の桜も終わってしまいました。
毎年思いますが、ほんとに桜の写真は難しいですね。
桜が終わるといつも『来年こそは』と思います。

今年はいつもよりたくさん桜を撮ったのですが、今やはり『来年こそは』と思ってます。

琵琶湖の桜といえば・・・やはり海津大崎です。

Dsc_3606sp
Nikon D200 ED70-300mm F4-5.6(RAW SilkyPix3.0)

海津大崎は琵琶湖岸に延々と続く桜の回廊です。
とても綺麗なんですが、狭い道に人(車ですけど・・・)が多すぎてゆっくり写真撮れませんでしたね。

ここから撮りました↓

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

湖西のエドヒガン 2

湖西はたくさんのエドヒガン桜が咲いてます。

これは夫婦桜と命名されたそうです。
2本の桜が寄り添うように咲いているのですが、それぞれが微妙に違う色をしてます。

Dsc_3497
Nikon D200 ED70-300mm F4-5.6

ちょっと鉄道写真に仕上げてみました。
特急『雷鳥』、そして後は竹生島ですね。

こういう大きな桜があちらこちらに咲いている今津町、今後桜の時期は通うことになりそうです。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

湖西のエドヒガン

4月7日

高島市今津町にある酒波寺のエドヒガン。
最近、一本ひっそりと咲く桜が好きなものですから、ちょっと行ってきました。

Dsc_3387
Nikon D200 17-55mm F2.8G

小さなお寺の参道に覆いかぶさるように咲くその姿は、国道161号線からも見ることができました。
巨大な桜ですが、『ゴツゴツ』ではなく、『すらり』とした姿が印象的でした。

Dsc_3422
Nikon D200 ED70-300mm F4-5.6

高島市を紹介されているミュージアムブログによれば、今津町内には100本以上のエドヒガンがあるそうです。
161号線を走れば、田畑や山のあちらこちらにぽつぽつと桜が自生しているのを見ることができました。

にほんブログ村 写真ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »